監視カメラ、家庭にも?

監視社会―現代におけるその行為には、様々な思惑と目的が絡み合っています。それが持つ意味合いは大きく、それが良い意味でも悪い意味でもニュースとなって取り上げられることがあります。高度に発達したネット社会において、今後はもう一度、正しい『監視』の在り方を見直さなければならない、そう言えます。ただし、私達の生活は何よりも『安全』というものが最優先されるべきであると言えます。安全というのは、何にも代えがたいものであり、私達自身で全うすべきことであるとも言えます。安全というものが何にも代えがたいものであるからこそ、私たちは自分だけでなく、家族の身も、様々な危険から守らなければいけません。

この日本は、比較的治安が良い国とされていますが、だからといって、誰もが日常的に犯罪から全く無関係であると言うことはできません。誰にでも危険性があるからこそ、私達は、少しでも可能性があるのなら、そういった危険性から自分の身を守るために、できることを行う必要があります。できること、といっても、誰もが同じことを行えることはありませんし、誰もが完璧にできるわけではありません。そこで再度考えたいのが、『安全』という面を考慮に置いたうえでの、『監視』です。

監視というのは、そのほとんどが安全を確保するために用いられている手段です。様々な危険を、事前に防いだり記録を残したりすることができます。そこで用いられる監視カメラですが、それが個人の家にも設置されることのメリットが確かにあります。