監視カメラで安全生活

安全という概念は、とても難しい概念であると言えます。それを保証する人にとっても、それの当事者となる人でも、それが完璧に達成されるという方法は分かりません。そして私達は生活でどれだけ安全対策を行っていても、自分たちが危険から100%身を守ることができるとは考えていないからです。ですから、私達は私達自身ができることを100%、またはそれ以上行うことによって、100%にはならないとしても、できるだけ『安全』をそれに近づけていくことは可能です。そして、今すぐ私達にはそれができるのです。

『監視カメラ』だけにとどまらず、誰もが実践できる方法がいくつもあります。実際に監視カメラが取り付けられなくても、すぐに外を確認できたり、そういった仕組みを取り入れることは、無駄にはなりません。私達が守っているのは、自分個人の安全、それだけではありません。

私達が守っているのは、自分と、もっとも親しい存在であると言える家族です。もちろん、それらの人の安全すべてを確保することはできませんが、私たち一人一人に行える防犯対策などを考えておくことによって、それが達成できます。その一つの豊富が、監視カメラであり、安全への第一歩なのです。

監視カメラ、どう選ぶ?

では、私達が設置することのできる監視カメラ、どのように選ぶことができるのでしょうか。基本的に販売されている監視カメラにはたくさんの種類がありますので、どれを選んで設置すれば良いかは迷ってしまうかもしれませんが、誰もが店舗に設置されているような高級な監視カメラを導入する必要はありません。いわば、『家庭用監視カメラ』を導入することができます。

監視カメラの役割は、さきほど挙げたように、『監視すること』と、『記録すること』が主な役割となります。基本的に、ほとんどの販売されている監視カメラは、そのような基本的な機能は搭載されていますが、やはりそれらの高度な機能を生かすために必要なのは、カメラそのものの、性能です。高画質の映像を記録することができれば、より鮮明な映像を残しておくことができますし、より長時間の記録ができるものであれば、安心です。そういった細かい仕様等によって、価格なども左右される、と言ってよいでしょう。

監視カメラはもちろん、それが果たす基本的な役割が最も重要である、と言ってよいですが、やはりより良いものを導入するのであれば、私達はその監視カメラの選択について慎重に選ぶ必要があると言えます。

安全カメラで撮影する映像確保

基本的に、監視カメラはそれがあるもの、として使用されています。様々な店舗や企業で監視カメラが導入されておりますが、その存在をあえて公表することによって、安全が確保されていることを表明したり、牽制として未然に犯罪行為を防ぐ、というメリットがあります。ですから、同じように私達が自宅や玄関口に監視カメラを設置するときも、それを見えない形で設置するのではなく、その存在を知らせる、設置しているということを公表することが重要です。

というのは、安全を確保する上で、犯罪行為が行われてから対処するのではなく、さきほどの店舗の例と同じように、行われる前に未然に防がれることが大切です。それらの行為が、起こってからでは遅い、という場合もあります。

監視カメラが設置してあるということだけで、空き巣などの犯罪行為は、行いにくくなります。空き巣犯が恐れているもののひとつに、誰かの「目」があり、やはり監視カメラもその一つだからです。それに、監視カメラには監視という役目だけでなく記録、という役目もありますから、それが犯人にとっては決定的な証拠となってしまいます。ですからやはり、監視カメラを設置することそのものに意義があります。

監視カメラ、家庭にも?

監視社会―現代におけるその行為には、様々な思惑と目的が絡み合っています。それが持つ意味合いは大きく、それが良い意味でも悪い意味でもニュースとなって取り上げられることがあります。高度に発達したネット社会において、今後はもう一度、正しい『監視』の在り方を見直さなければならない、そう言えます。ただし、私達の生活は何よりも『安全』というものが最優先されるべきであると言えます。安全というのは、何にも代えがたいものであり、私達自身で全うすべきことであるとも言えます。安全というものが何にも代えがたいものであるからこそ、私たちは自分だけでなく、家族の身も、様々な危険から守らなければいけません。

この日本は、比較的治安が良い国とされていますが、だからといって、誰もが日常的に犯罪から全く無関係であると言うことはできません。誰にでも危険性があるからこそ、私達は、少しでも可能性があるのなら、そういった危険性から自分の身を守るために、できることを行う必要があります。できること、といっても、誰もが同じことを行えることはありませんし、誰もが完璧にできるわけではありません。そこで再度考えたいのが、『安全』という面を考慮に置いたうえでの、『監視』です。

監視というのは、そのほとんどが安全を確保するために用いられている手段です。様々な危険を、事前に防いだり記録を残したりすることができます。そこで用いられる監視カメラですが、それが個人の家にも設置されることのメリットが確かにあります。